黄体ホルモン値が低くて、、、

ブログ , , ,

こんにちは!

さらのて鍼灸院です。

先日、黄体ホルモン値が低くて凍結卵子を子宮に戻せないという相談がありました。聞くと半年くらい前からホルモン値を検査するが改善せずだめだったのだと。病院で何か手立てはないかと相談したそうですが、どうしようもないとのことでした。

早速、来院していただきまして体調を整える施術を開始いたしました。

患者様には最低生理2周期ぐらいはかかると思うとお話しておりました。

ですが、なるべく早く子宮に戻したいということでしたので、患者様にも体質改善をご提案し実行していただきました。

1回目の施術をしてすぐに病院受診。

排卵時期を確認したとのことで、子宮に戻す日程だけ決まりました。でも、ホルモン値が悪ければ延期となります。

その後2回目の施術。

体調について伺うといつもは有る排卵痛が今回なかったということです。

そして、子宮内に戻せるかどうかの病院受診日。黄体ホルモン値が良かったら体外受精となるとのことで連絡待ちでおりました。

患者様からお電話がありました。

『黄体ホルモン値が正常に戻ったそうです。今日戻せるそうです♪これから治療院に伺いますのでよろしくお願いします!』

と嬉しそうに連絡がありました\(^o^)/

早速来院して頂き3回目の施術。その後病院へ戻り無事に卵子は子宮内に戻されたそうです^^*

無事の着床、心音確認まで気は抜けませんが、自宅での過ごし方等をお伝えして次回の来院を待つことになります。